遺品整理か、不用品回収か

遺品整理を希望している方の中には、すでに何社かの業者へ相談してみたという方もいらっしゃるかもしれません。

実際に何社かに問い合わせをしてみると実感する方が多いのですが、遺品整理と遺品回収は大きくことなります。あなた自身が希望としていることは遺品の整理でしょうか、それとも遺品の回収でしょうか?

 

遺品の回収というのは、一言で言い換えると不用品回収です。

 

故人が必要としなくなった大量の生活用品を回収、処分することが一番大きな業務となります。不用品を回収する中で、思い出の品や貴金属などが見つかれば依頼者へ引き渡すというスタンスです。

 

一方、遺品の整理というのは、故人が遺したものを整理するのが一番大きな業務となります。整理した上で不用品を回収、買取するというのが後からついてくるのです。

 

回収と遺品整理、似ているようでまったく異なることをご理解いただけるでしょうか。

 

悪質業者の中には、サービス内容を遺品整理と掲げながらあくまで不用品回収しか行わないという業者が存在します。

思い出の品をより分けることなく不用品をどんどん処分してしまうのです。

 

遺品整理は人の手でなければできません。

故人の生きてきた証から人生を想像し、かつ依頼者の希望をくみ取り遺品整理作業を行うには、経験やコツだけでなく考える力も必要となります。

 

誰でもいいから作業できる人員がいればよい、というのでは遺品整理はできないのです。

悪質業者は人件費を安くするために、作業人員を最低限に抑えかつ作業するだけの人員として頭数を用意するにとどまることが多いようです。

 

遺品整理業に対してどのような姿勢で事業を営んでいるかは、相談や見積もり段階で業者とじっくり話を聞けば理解できるはずです。

参考:正しい遺品整理業者・会社の選び方「遺品整理業者あんしん相談所」