遺品整理士資格や古物商などの各種免許の所有

遺品整理業者が悪質業者かどうかを見分ける手段の1つとして、各種免許や資格、許認可などを取得しているかどうかを確認しましょう。

 

これからご紹介する免許、許認可は遺品整理業者にとって必ずしも必要なものではありません。

あるに越したことはありませんが、これらがなくても遺品整理業を行うことは可能です。

ただし、より真摯に向き合う業者であればこれらの許認可を取得しているのが多いのが事実です。

判断基準の1つとして参考にしてみてはいかがでしょうか。

 

・遺品整理士(社団法人遺品整理士認定協会)

社団法人の遺品整理士認定協会による資格、遺品整理士があります。

遺品を整理する専門家が必要とされる社会を理解し、遺品整理の実務や注意点を専門的に学ぶことで認定される資格です。

社団法人により認定される資格ですので法的な拘束はありませんし、この資格がなくても遺品整理業を行うことができますが、この資格を所持している業者であれば遺品整理業へ真摯に向き合っていると判断できるかもしれません。

 

・一般廃棄物収集運搬許可証

家庭から出る不用品を回収できる業者として認定される許認可です。

市区町村の認可による許認可のため、すべての業者が取得できるわけではなく取得が難しく所持している業者が少ないのが現状です。

もし所持している業者であれば、不用品回収についてまとまった経験年数があると判断できるかもしれません。

 

・古物商許可証

中古品の買取と販売が認められる許可証で、都道府県の警察が認可を行っています。

いわゆるリサイクルショップなどが持っている許認可ですが、遺品整理においても数多くの不用品の中から買取できるものがあれば買取をしてほしいと希望している場合はこの許認可を持っている業者を選ぶと良いでしょう。