GPS調査と不貞行為の証明

GPSを使った浮気調査は、その後の浮気相手との示談や、離婚訴訟などで使用することを目的として行われます。その際にカギとなるのは、不貞行為が証明されることです。

不貞行為

浮気相手や不倫相手への慰謝料の請求をするためには、不貞行為の証拠が必要です。不貞行為として認められるのは、以下の3つがあります。

・ラブホテルの滞在時間が40分から1時間以上
・同じ相手と3回以上の肉体関係がある
・浮気相手の自宅に5回以上の訪問および1時間以上の滞在

1.ラブホテルの滞在時間が40分から1時間以上

ラブホテルの滞在時間が40分から1時間以上というのは、ホテルに入ってからシャワーを浴びて、1回から2回のセックスを終えて、ホテルを出るまでの、おおまかな目安と言われています。

2.同じ相手と3回以上の肉体関係がある

不貞行為の証拠として、同じ浮気相手と3回以上の肉体関係があることも重要です。そのため、一夜限りのワンナイトラブや、風俗店の利用だけでは不貞行為として認められません。

3.浮気相手の自宅に5回以上の訪問および1時間以上の滞在

浮気相手の自宅で密会しているケースで使われます。5回以上の訪問と1時間以上の滞在が目安となっています。仕事などの打ち合わせの場合もあるため、特に慎重に証拠を集める必要があります。

不貞行為に該当しない証拠

不貞行為に該当しない浮気調査の証拠には次のようなものがあります。

・ラブホテルの領収書
・ラブホテルの会員証
・浮気相手とのツーショット写真
・浮気相手とのSNSなどのやり取りのスクリーンショット

これらの証拠は、パートナーとの話し合いには使えますが、慰謝料請求や離婚訴訟の証拠として認められないので注意が必要です。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です