何を残して何を処分するかを決める

大切な人や身近な人の不幸は突然やってきます。

そして、故人が生きた証である遺品整理には決して長い時間をかけていられない事情が伴うものです。

 

今回は遺品整理する際に気を付けておきたいポイントをご説明します。

自分自身で遺品整理をする場合も、親族で手分けして行う場合、プロである遺品整理業者へ依頼する場合でも共通して知っておきたいポイントです。ぜひ参考にしてください。

 

まずは、処分するものと遺すものの区別についてです。

 

遺品整理に向き合ったときにまずほとんどの人が驚くのが物の量です。

人が1人生きているだけでこれほどまでに物を持っているのかと思うはずです。

 

遺品整理はその中から何を遺品として遺し、何を処分するかを判断する必要があります。

 

・貴金属、銀行通帳などの貴金属や現預金類

・印鑑、年金手帳など

・友人や知り合いを示す住所録、手帳、手紙、年賀状など

・写真、アルバム

・故人がとりわけ大切にしていた物

・形見分けに値するもの

・故人との思い出の品

 

これらのものは遺品として手元に残しておきましょう。

 

実際に遺品を整理し始めてみると、あまりに多くの物が思い出の品に感じられて処分することが難しい場合もあるかもしれません。

その場合は無理してすぐに処分するのではなく、いったん考える時間を持つのも良いかもしれません。迷いながら処分をしてしまい、「捨てなければ良かった」と後悔をしても取り戻すことはできないからです。

 

また、物を処分する際は地域のごみ処分ルールを順守するようにしましょう。

指定のゴミ袋や廃棄場所、廃棄日などです。

しかし遺品整理に時間をかけることができない場合は、1日で大量に処分しなければならないことがあります。その場合は有料になることが一般的ですが、所定の業者や行政サービスを利用しましょう。