業者へ依頼するか、自分でするか

遺品整理を行うとなると、自分自身で行うか遺品整理業者へ依頼するか迷っていませんか?

 

どちらもメリット、デメリットがありますので気を付けておきたい点をご紹介します。

 

・自分で遺品整理するなら時間と労力を覚悟する

 

自分で遺品整理を行うには時間と労力がかかることを覚悟しましょう。

 

1つ1つの物を確認し処分するか遺すかを確認、そして不用品を適切に処分する必要があります。賃貸物件の場合は、遺品整理に時間がかかればかかるほど賃貸料がかかります。

賃貸物件ではない場合でも、故人宅と距離がある場合はその往復に時間や労力が必要となります。

 

物を処分することには思っている以上のパワーを要します。

自分のものではなく、故人の物であればなおさらです。さらに故人との関係が深ければ深いほどすべての物に思い出が詰まっていて処分しづらいのが現実です。

 

・遺品整理業者へ依頼するなら費用がかかる

 

その点、遺品整理業者は遺品整理のプロです。

遺品整理業者へ遺品整理を依頼すれば短期間でスムーズに完了することが大半です。

ただし、ボランティアや行政サービスではありませんので、もちろん費用がかかります。

荷物量や依頼内容によって大きく異なりますが、高い場合は数十万円単位でかかる場合もありますので理解しておきましょう。

 

遺品整理業者はスピーディに遺品整理を行うだけではありません。

プロならではの手際の良さで、遺族が手にしておくべき遺品や思い出の品を区別することができます。また、遺品整理後すぐに物件を明け渡すことができるよう清掃やハウスクリーニングを依頼できる場合もあります。

 

以上のように、遺品整理を自分で行うか遺品整理業者へ依頼をするかはとても大きな選択となりますので熟考して決断しましょう。